読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぼろぐ

行雲流水、気の向くままに。日常のこと、読書した感想や、個人的オススメなどを

個人的オススメ本1 〜ナミヤ雑貨店の奇蹟〜

読書用に別途カテゴリをわけてブログを作成しました。
本記事はコメントをいただいているので残しますが、読書ブログはこちらをご参照ください。

book.tabolog.net

読んだ本のオススメを書こうと思って始めたブログですが、桜関連の写真ばっかり載せていました。。。
ようやくオススメ本の紹介です。一発目はやはり、いままで読んだ本の中でも個人的にベストなものを紹介したいと思います。
「ナミヤ雑貨店の奇蹟」です!
東野圭吾さんの作品です。東野圭吾さんといえば「白夜行」、「新参者」(加賀恭一郎シリーズ)、「容疑者Xの献身」(ガリレオシリーズ)など有名どころ満載な作家さんです。
僕は加賀恭一郎シリーズが好きですが、それ以上のインパクトがあったのが今回オススメする「ナミヤ雑貨店の奇蹟」です。

あらすじ

悩み相談お任せください——。 時空を超えて交わされる、温かな手紙交換。 過去と現在が鮮やかに繋がったとき、 すべての真実が明らかになる。 すべての人に贈る、感動と驚愕の物語。


悪事を働いた3人が逃げ込んだ古い家。そこはかつて悩み相談を請け負っていた雑貨店だった。 廃業しているはずの店内に、突然シャッターの郵便口から悩み相談の手紙が落ちてきた。 時空を超えて過去から投函されたのか? 3人は戸惑いながらも当時の店主・浪矢雄治に代わって返事を書くが……。 次第に明らかになる雑貨店の秘密と、ある児童養護施設との関係。悩める人々を救ってきた雑貨店は、最後に再び奇蹟を起こせるか!?

引用元: 『ナミヤ雑貨店の奇蹟』東野圭吾 特設サイト 内容紹介|角川書店|KADOKAWA

おすすめポイント

あらすじの通り、時空を超えて悩み相談の手紙が交換されていきます。
東野圭吾さんというとミステリーというイメージが強いですが、どちらかというとファンタジーな作品です。
悩み相談ごとのストーリーも一つ一つ味があり面白いのですが、一見バラバラな相談事だったことが次第に繋がりだすと、おそらく最後まで一気見してしまうと思います。
それだけ面白い作品でした。

僕は当時の店主・浪矢雄治が最後に受けた相談事の回答が一番衝撃を受け、勇気をもらいました。
内容についてはこの本を手にとって読んでみてください。最初から読む事でこの回答がいかに素晴らしいか、わかると思います。

おわりに

このブログに載せようと思ってネットであらすじを探してみていたら、この作品、映画化されるんですね!

namiya-movie.jp

映画化されたら劇場に見に行きたいと思います。